患者様とご家族の方々へ

心不全とは

心不全とは、心臓の筋肉に障害が発生し全身に十分な血液を送ることができなくなる病気です。その結果さまざまな慢性疾患を引き起こします。心不全は特に持続的な高血圧、心臓発作、弁疾患、他の心臓疾患、先天性心疾患などによって引き起こされ、時とともに悪化します。

治療せずに放置しておくと、血液不足により臓器不全を引き起こし、生活の質の劣化により多数の合併症があらわれ、死に至るおそれがあります。


心不全の症状

心臓の働きが弱くなり、身体に十分な血液を送り出すことができないため、以下のような自覚症状があらわれます。

  • 息切れ
  • 活力低下、疲労
  • 横になると呼吸が浅くなる(起坐呼吸としても知られている)
  • 足、足首、下肢、または腹部の腫れ
  • 食欲減退または吐き気
  • 白色またはピンクの血液色を帯びた粘液を伴う慢性咳または喘鳴
  • 混乱または記憶喪失
  • 不整脈または心悸亢進(頻脈としても知られている)

これらの症状のどれかが認められる場合は、直ちに医師または心不全専門医に相談してください。


クラス

身体活動中は、どのような感じですか?

  • I

    心疾患はあるが身体活動に制限はない。日常的な身体活動では著しい疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生じない。

  • II

    軽度の身体活動の制限がある。安静時には無症状。日常的な身体活動で疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生ずる。

  • III

    高度な身体活動の制限がある。安静時には無症状。日常的な身体活動以下の労作で疲労、動悸、呼吸困難あるいは狭心痛を生ずる。

  • IV

    心疾患のためにいかなる身体活動も制限される。心不全症状や狭心痛が安静時にも存在する。わずかな労作でこれらの症状は増悪する。

ステージ

あなたの心不全の症状は?

  • A

    心不全のリスクがありますが、心不全の症状はありません。

  • B

    (例えば、心臓発作による)心臓障害がありますが、息切れ、疲労、運動不能などの心不全の症状はありません。

  • C

    (例えば、心臓発作による)心臓障害があり、息切れ、疲労、運動不能などの心不全の症状もあります。あるいは、そのどちらかがあります。

  • D

    治療を受けても管理することが困難な心不全の症状があります。これは、進行性心不全と呼ばれる場合もあります。